求人と派遣先の福利厚生

派遣関連会社から紹介を受けて、求人に応募し仕事を行うケースが増えました。このとき、福利厚生面での対応も気にする人が増えています。特に社会保険及び厚生年金への加入と雇用保険への加入について知識を持つ人が増えたため、結果として求人情報にも注意を払うようになったわけです。j派遣元としては、福利厚生に関する情報もしっかりと開示して説明を行うようになってきています。問われてから回答をするようでは、せっかく登録をしてくれている人からの信頼を損ねるような事態も起こりえるからです。したがって、給料や休日などのようにみんなが気にする情報以外で重要な事柄をしっかりと説明するようになってきました。派遣業も正社員の人材不足などの問題が発生し来ており、曲がり角を迎えています。それでも派遣に登録をすることで求人に応募する人は相応にいますから、その期待に応えられるように福利厚生面にもしっかりと注意を払って、説明が出来るようにしておく義務があります。給料、休日、1日の労働時間だけではなく福利厚生も含めたその職場の総合的な魅力を説明することが、派遣紹介企業には求められる時代になってきたわけです。こうした対応力が人材の今後の確保に繋がるとみられています。

新着情報

↑PAGE TOP

Menu